賢明女子学院中学校・高等学校

人権学習のための映画鑑賞を行いました。

本年度の人権学習のための行事の一つとして、映画「真白の恋」を鑑賞しました。この映画は富山出身・在住の坂本欣弘監督が富山を舞台に、富山で撮影された作品です。原作・脚本は、賢明女子学院の卒業生で、テレビや映画の脚本家として活躍中の脚本家・北川亜矢子さんが担当されました。北川さんを本校にお迎えし、在校生の保護者や北川さんの応援団である同窓生たちが見守る中、リヴィエ館で上映会と講演会が行われました。

生徒たちは、立山を間近に望む富山の風景に包み込まれるように描かれていくストーリーに引き込まれ、揺れ動きながらも日常に戻り、前向きに歩んでいく主人公・真白(ましろ)の心に寄り添うことができたようです。

放課後には生徒会によって「北川亜矢子さんとの交流会」が行われました。

 

KENMEI TODAY

入試説明会 イベント情報

光あれ 日々の所感 校長ブログ

The Best