賢明女子学院中学校・高等学校

理事長・校長挨拶理事長・校長挨拶

理事長挨拶理事長挨拶

理事長 シスター 山本 千惠 挑戦し、前進を続ける一人ひとりの生徒ともにありたい
理事長 シスター 山本 千惠 賢明女子学院をご支援くださる皆様がたに感謝をこめてご挨拶申し上げます。
本学院は、1951年(昭和26年)の創立以来、多方面にわたる多くのかたがたに支えられて今日に至る豊かな実りを頂いてまいりました。
播磨の地、姫路城を目印に位置する本学院に、60余年にわたって各地域から通い続け学び続けた学生・生徒・教職員の総数は、現在延べ二万人に及ぼうとしております。さらに、その家族・友人たちをも含めて、共に本学院を育て続けてくださったお一人お一人のぬくもりが賢明ファミリーと呼ばれる親しい家族的な心の絆となって、今日脈々と学院を活かしております。
1796年、南フランスの一隅に産声をあげた学院設立母体の誕生以来、たえず時代のしるしの中に青少年教育の切実な必要性を洞察しつつ、青少年たちを限りなく尊び慈しみ、その魂に働きかけ、一人一人の人格育成を目指して続けられてきた教育愛と熱意が、現在も賢明女子学院中学校・高等学校の校風をつくりあげております。
新しい時代に向かって教育の展望が開かれようとする今日、学院教職員たちは、60余年間にわたり培われた教育実践の魂と経験を底力とし、教育内容の新たな再構築作業を日々着実に進めております。本学院在学の実りが、時代を拓く生徒一人一人の確かな実力となり、広く社会と世界の隅々まで人間愛の賛歌を響かせてくれることを希望しつつ、全人格の基礎づくり教育を続けてまいります。
どうぞ、ますます多くの皆様がたの一層のご支援をお願い申上げます。 

校長挨拶校長挨拶

学校長 松浦 明生 目標に向かって頑張るあなたをサポートします。  

学校長 松浦 明生 「賢明の生徒さんは素直で活発で仲が良く、楽しそうに学校生活を送っていますね」というお褒めの言葉をよく耳にします。うれしい限りです。本校の教育理念である「the Best(最善をめざす)」の精神が学校生活の隅々にまで浸透している結果と自負しております。
生徒一人ひとりは、それぞれ他の人にはないさまざまな潜在能力を持っています。賢明女子学院は、生徒たちの能力を肯定的にとらえて可能な限りその能力を発揮する(the Best)よう努力を促します。自己の能力にめざめた人間は周りの世界に積極的に関わろうとします。そしてその時、友だちと協力し合うことの大切さや周りの人の能力にも気がつきます。ひいては、他の人を思いやることのできる人間にも成長します。本校生徒の醸し出す素直で温かい雰囲気の源泉がここにあります。

賢明女子学院は“the Best”の精神をもとに、次の3つの力を教育目標に据えています。

隣人をわが身のごとく心にかけて、一人ひとりの子どもたちを慈しんだ創立者 マリー・リヴィエのもっとも大切にした「心の教育」です。
一人ひとりの夢の実現と人びとの平和にも貢献できるような人生を歩むことができるよう、整えられた授業カリキュラムと熱心な指導を通して力をつける「学びの教育」です。
さまざまな行事や体験に友だちと協力し合いながら主体的に取り組むことで身につける「創造の教育」です。

本校に入学した生徒たちは、お互いの良い点に学びあいながら日々の成長を目ざして最善を尽す努力を続けています。卒業後も賢明女子学院で培われた絆は強く、学年を越えた温かいつながりはいつまでも変わらず、この環境を娘にも味わわせてやりたいと卒業生の方々から伺います。母娘2代にわたる賢明生が多いことや、母校に戻って教鞭を取る卒業生が多いことはその表れです。
これからも、夢多い青春のときを生徒一人ひとりが喜びをもって学び、成長し、感動のうちに卒業し、校歌にも謳われるとおり、しっかりと立ち、日本や世界の人びとのために活躍できるよう、賢明が燈台の光であり続けるよう教職員一同努力を重ねていきたいと存じます。

KENMEI TODAY

入試説明会 イベント情報

光あれ 日々の所感 校長ブログ

The Best