賢明女子学院中学校・高等学校

第3回はりま学生交流会で探究活動発表

3月21日、播磨ひとづくりコンソーシアム主催の第3回はりま学生交流会で、高校1年生の5人がBe leadersとしての探究活動2つを発表しました。

 

一つ目は、姫路にある日本玩具博物館の魅力を伝える「CHACHACHAプロジェクト」。本校の発表テーマは「リカちゃん人形と共に見る歴史」。リカちゃん人形のモデルチェンジとその時代の世相との関係を独自の視点から考察した内容で、パフォーマンスも含め聴衆の笑いを誘いました。日本玩具博物館学芸員の尾崎織女さんも関心を示され、お褒めの言葉をいただきました。これからも地域の活性化のために活動してきます。

二つ目は、STEAMライブラリー制作プロジェクトについての発表。STEAMライブラリーとは、経済産業省の「未来の教室」プロジェクトが開発した、小中高における探究型学習で活用可能な、様々な社会的・学問的テーマを扱った動画・資料等のデジタルライブラリーです。

本校の高校1年生が半年以上をかけて制作に協力した「白亜の城を守れ」は、生徒たちが姫路城を訪れて出てきた疑問を元に、各界の方々にインタビューを行い、考えを深めていったその過程を撮影、録音した動画です。STEAMライブラリーのHPから自由に閲覧でき、学校での探究学習の教材としても使用されます。

この体験で生徒たちは、姫路にとってのお城の存在の大きさに気づき、また長い歴史の中で受け継がれてきた伝統を継承するべく、若い世代である自分たちへの期待が大きいことも感じてきました。また、学びには単なる知識だけではなく、一見関係なさそうな何気ないことが大事で、周りの人々を巻き込んでいくことも大事であることを実感しました。

ぜひ、ライブラリーで彼女たちの学びをご覧になり、皆さんの新たな学びにつなげていただけたらと思います。

https://www.steam-library.go.jp/content/156

 

 

KENMEI360度

入試説明会 イベント情報

光あれ 日々の所感 校長ブログ

Be Leaders

The Best

採用情報

寄付のお願い